女性のアンダーヘア(毛)処理は抜くより剃る!自己処理後のスキンケア方法




アンダーヘア(毛)の自己処理後のスキンケアはちゃんとしていますか?下の毛も手軽に処理できますが、肌荒れなどのトラブルも起きやすので注意が必要なんです。

今日はアンダーヘアの自己処理のスキンケアについて紹介します。

抜くより剃る

アンダーヘアの自己処理はT字カミソリですよね!ですが、毛と一緒に肌表面のバリア機能も一緒に削りとってしまうので、肌が傷つき炎症や乾燥を起こす原因に。

入浴後、または処理する部位をちゃんと温め、肌を柔らかくしてから!よーく泡立てた石鹸やシェービングフォームを使って剃り、その後が大切。保湿をしっかりして清潔に保つことが炎症や乾燥を防ぐことができます。

毛抜きで抜いてるけど?って場合はできれば止めた方がいいです。毛抜きで抜くと毛根が傷つき炎症を起こしやすくなってしまうので、毛の処理を行う場合は抜くより剃る方がおすすめ。

カミソリは清潔なもの

入浴後など、肌が清潔な状態で毛の処理をする。肌を傷つかないように泡がクッションの役割をしてくれるので、しっかりを泡をつけ、毛の流れに沿って処理。

毛の処理後は保湿

剃毛後、よく泡を洗い流し、しっかりとタオルで水気を拭きとる。この時ゴシゴシやらないでくださいね。肌が弱っている状態なので傷つきやすいです。水気を拭き取ったらボディークリームなどで保湿します。

注意
カミソリをお風呂場に置きっぱなしにしてませんか?お風呂場に置きっぱなしにするとカミソリの刃が錆びついたりして肌を傷つけたり、高温多湿な場所なので菌が繁殖してたりします。お風呂場には置かないようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ

アンダーヘアの自己処理で肌が傷つく話をしましたが、これも黒ずみの原因となります。肌に刺激を与えてしまうので、メラニン生成を促してしまうので、下の毛の処理、他もそうです。脇の毛の処理など、毛の処理後は肌に潤いとバリア機能を作る為にしっかりと保湿をする。

敏感肌

敏感肌なんだよね!って場合は家庭用マシンも◎

光が黒い色に反応して徐々に肌を滑らかにしていく家庭用マシンなら、敏感肌の場合でも手軽にアンダーヘアの自己処理もできます。



↑こうゆうやつ

家電量販店などでも見ますが、一見高いなって思うんですけど、脱毛サロンなどに通うこと考えたら断然安いですよね!(笑)もし家族で住んでるって場合は一台あればお母さん、お姉さん、妹さん、私!など割り勘で買っちゃえばみんなで使えますしね。全身気になる箇所に使えるので便利です。

 

最後に

いかがでしたか?

アンダーヘアの自己処理後のデリケートゾーンのスキンケア。今までちゃんと保湿していましたか?お風呂場にカミソリ置きっぱなしになっていませんでしたか?もし当てはまる場合など、ぜひ参考にしてみてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です