あそこの「におい・かぶれ」の不快を解消デリケートゾーンのスキンケア。




デリケートゾーン・股・あそこ、など言い方は様々ですが、ニオイやかぶれなど不快に感じていても、実は簡単にケアできるんですよ。

今日はデリケートゾーンの「かぶれ・におい」のスキンケア方法の紹介です。

あそこは高温多湿??

暑い時期や、運動後、生理中などの悩みとして多く聞こえてくるのが、ニオイやかぶれ。ストッキングやタイツ、きつめのデニムなども蒸れの原因。湿った粘膜であるデリケートゾーンは、下着やナプキンなどで密閉されると体温と湿気によりこもってしまいがち!高温多湿な状態になりやすんです。高温多湿の状態は菌が繁殖しやすい状態。これがニオイやかぶれの原因になってしまいます。

蒸れにくい素材などを使用するなど、菌を増やさない環境にするのが、ニオイやかぶれ対策です。

蒸れにくい素材って?

ナイロンなどの通気性の悪い素材は避けて、コットンやシルクなど自然由来の素材の方が通気性がいいので、できればコットンやシルクなど自然由来のものを選ぶ。ストッキングも蒸れが気になるところですが、仕事などでどうしても履かないとって場合は夏用のものが◎。ガーターベルトなどもいいですね。

菌を増やさない環境をつくる

  1. コットンなど自然由来のおりものシートや生理用ナプキン、下着なども通気性のいいコットンなど。
  2. 菌の増殖を防ぐためにデリケートゾーン用の除菌アイテムが◎

例えばこんな除菌アイテム。ティッシュにつけて拭くだけなのでお手軽です。お手洗い時などにいいですよね。

 

point
シートやナプキンなどはマメに交換。清潔に保つ為のおりものシートが実は菌の増殖に繋がる場合も!マメに交換すれば湿度も下がるので菌の増殖を抑える効果があるので、あそこを清潔に保つ為にはマメに交換が◎

もしもかゆみがひどい場合は、単に蒸れによるかぶれではないこともあるので、かゆみがひどい場合はちゃんと病院に行って診察してもいましょう!

デリケートゾーンの剃毛

これも重要なんです。日本人女性はあそこの毛を剃ることに抵抗がある人が多いですが、あそこの「毛」が菌の増殖に繋がります。欧米ではデリケートゾーンのケアは普通にやっています。日本人が無頓着?、、、本来「毛」は肌を守るためのもの。ですがそれは昔の話です。下着や服など着ていますよね。脇や、あそこも守られています。もはや必要ないとも言えます。毛をなくすことによって菌の増殖も抑えられるので剃毛もしたほうがニオイやかぶれを防ぐ対策に繋がります。

 

いかがでしたか?

デリケートゾーン。気になるあそこのニオイやかぶれも簡単にケアをできます。お手洗いの時などに除菌アイテムでさっと拭き取り除菌して、おりものシートなどもその時に変えたりとけっこうついで菌の増殖を抑えることができます。さらにあそこの毛を剃毛することによって菌の増殖ももっと抑えられます。気になる場合は「清潔な状態を保つ努力をする」これにつきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です