顔のシミなど気づかないうちに増えてるって知ってましたか?

顔にシミなんてないよ!って思っていても着々とシミができ始めてるかもしれません。

シミをつくらせないように原因とスキンケア方法の紹介です。

シミの原因は紫外線によるダメージが原因。

紫外線は肌内部まで入り込みダメージを与えてしまい、そのダメージから守るためにメラニンをいう成分を分泌させシミができます

紫外線から肌を守る日傘みたいな役割をしています。(特に顔は外出時常に紫外線を浴びている状態ですよね?)

なので紫外線を強く受け続ければ、肌を守るために日傘を多くしなければいけないので、メラニンが増えシミが大きくなるんですね。

要は日傘の役割をするメラニンを増やさないためには紫外線を浴びなければ基本的にはシミは増えず、大きくなることもありません。

一度できてしまったシミは、クリニックでのレーザー、または美白成分の化粧品でのケアに頼るしかないので、シミを作らないようにスキンケアをやることが一番です。

シミには日焼け止めクリーム

やはり顔が一番紫外線を受けやすいので、シミの元となる原因をブロック。外出時は日焼け止めクリームを塗ってからがおすすめです。

もしできてしまった場合は、美白成分を小まめに塗ることが大事。一度できてしまった顔シミは放っておいても薄くならないので、根気よく美白成分の入った化粧品でケアを続ける。

シミを消すにはターンオーバー正常化。

美白成分を塗っているのに薄くならない場合は、ターンオーバーの乱れが原因。

ターンオーバーを正常化させることでメラニンの排出を促す。

ターンオーバーが正常であれば、肌細胞の入れ替わりがきちんと行われているということなので、シミの原因メラニンも古い角質と一緒に排出してくれます。

美白成分でのケアももちろん大事ですが、なによりターンオーバーを正常化させなければ、美白成分の効果も薄く効き目が感じられないと思います。

シミに有効な栄養素

シミに有効な栄養素は、

  1. ビタミンC(ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、レモン、オレンジ)など
  2. ビタミンB群B2B6)(レバー、うなぎ、卵カツオ、マグロ、サンマ)など
  3. ビタミンE(菜種油、ごま油、アーモンド、抹茶)など
  4. たんぱく質(魚、肉、卵、大豆)など
  5. 亜鉛(肉、魚、穀物、)など(牡蠣が代表的かな?)
  6. ポリフェノール(ブルーベリー、ブドウ、赤ワイン、緑茶)など

食事で摂るのは難しいよ~って場合はサプリメントなどで摂取ですね。

私はもっぱらサプリメント派です!

頬シミの紫外線以外の原因

  1. 女性ホルモン低下によってできる肝斑。左右の頬にできる薄い褐色のもの。ピルを服用している女性や出産した女性に多くみられる。
  2. 雀卵斑。いわゆる(そばかす)です。こちらは遺伝が原因。そばかすが遺伝するのではなく、そばかすができやすい体質が遺伝します。
  3. 炎症性色素沈着。炎症によってターンオーバーができず、メラニン色素を溜め込んでしまってシミになる。火傷やニキビ跡によくできる。

などがあげられます。

病気によるシミ

顔のシミは紫外線だけではなく、病気の恐れもあるので注意が必要です。

顔の部位でも頬のあたりにできるシミは腎臓や肝臓、胃腸に不調のがある場合があるので、シミ以外に倦怠感やむくみ、食欲不振や吐き気などある場合は診察してもらいましょう。

 

いかがでしたか?

シミは放っておいても消えもしないし、薄くもなりません。メラニンの排出にはターンオーバ正常化が大切なんです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

美白効果のある人気沸騰シズカゲル↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です