若さ美しさを保つ秘訣は女性ホルモンにあり!!2種類の女性ホルモンの働き。




  • 最近なんだかやる気が出ない
  • 肌の調子が悪い
  • 肩こりがひどくなった
  • なんかイライラしてしまう

などなど、感じていた場合、「女性ホルモン」が低下しているかもしれないです。

女性ホルモンは妊娠や出産以外にも関わりがあり、女性らしいやわらかい体つき、潤いとハリのある肌、コシのある髪や丈夫な骨作りなど、健康的でキレイな体作りに欠かせないのが「女性ホルモン」30代後半になると徐々に「女性ホルモン」の分泌量が低下してしまうんです。その「女性ホルモン」を少しでも遅らせ、美容と健康を維持していくのが大切なんです!

そもそもホルモンってなに?

ホルモンとは体内で分泌され体の調子を整えて保つように調整してくれる化学物質。すごくわずかな量で作用するのがホルモン。

内分泌腺と呼ばれる甲状腺、卵巣といった器官から必要な時に分泌されます。

女性ホルモン分泌のバランス

体内では100種類以上のホルモンが分泌され、体のあらゆる場所で働きコントロールしています。その中でも女性に大きく影響するのが「女性ホルモン」卵巣から分泌される「女性ホルモン」は2種類あります。聞いたことはあるかもしれません。

「エストロゲン」と「プロゲステロン」。女性ホルモンの大きな働きとしては毎月の体のリズムを作ること。妊娠や出産の環境を整える(生理)こと。さらに、肌や髪などのハリや潤いを保つ、骨粗鬆症や動脈硬化などを防ぎ、キレイで健康な体作りに大切なホルモンなんです。

かといって、大量に「女性ホルモン」が分泌されればいいというわけではなく、新たな命を育てる母体を守るために、活発に動けないようにする役割があります。月経周期の体調変化もそうです。生理前や生理後では違いますよね。やたら眠くなったり、胸が張って痛かったりと、体調の変化も女性ホルモンが働いているからなんです。

大切のは女性ホルモン分泌のバランス。バランスが崩れてしまうと体調も崩れてしまいます。

2種類の女性ホルモンの働き

エストロゲンの働き

  • 子宮頚管の分泌液を増やす
  • 子宮の内膜を厚くしてくれる
  • 女性らしいやわらかな丸みをおびた身体を作る
  • コラーゲン生成の手助けや、肌や髪のハリや潤いを保つ
  • 骨密度を保つ
  • 動脈硬化を防ぐ(コレステロールを調整してくれる)
  • 代謝を良くする
  • 精神状態を安定にする
  • 脳の活性化。記憶力や集中力などの低下を防ぐ

プロゲステロンの働き

  • 受精卵の着床のために子宮内膜を整える
  • 妊娠の継続を助ける
  • 乳腺を発達させる
  • 基礎体温を上げる
  • 食欲増進
  • 体内の水分保持

などさまざまな働きをしているのが女性ホルモンなんです。

エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です