血行不良による「冷え症」も女性ホルモンに関係があった!




前のページはで4つの習慣で女性ホルモンのバランスの乱れを改善する方法はなんなのか?紹介したのですが、今回は「冷え」について少し触れたいと思います。

なぜ「冷える」のか、なぜ「冷え」が女性ホルモンのバランスに関係があるのかを説明させてください。

「冷え」が女性ホルモンのバランスに悪い?

冷えの原因は血の巡りが悪い!いわゆる血行不良が原因。この原因は様々で、体が冷える食事だったり、お風呂もシャワーだけ、運動不足、筋肉量が少ない、体が歪んでる。など様々あります。

「冷え」は女性ホルモンの分泌を悪くしてしまいます。卵巣で女性ホルモンが作られるのですが、血行不良だとうまく酸素や栄養などが送りこめず卵巣からの女性ホルモン分泌が低下してしまいます。

冷えを解消するには血の巡りを良くしなければいけません!少しでも血行を良くすために必要なこと。

運動

いい睡眠をとるには運動!という話をしたのですが、。ジョギングやウォーキングなどの※有酸素運動は血行を良くする効果があります。脂肪や糖質などを燃焼してくれるので血液の循環も良くなり、心肺機能も向上。結果一回で取り込む酸素も増える、心臓から送り出す血液の量も増えるので血液の循環を良くするにはもってこいの運動。※有酸素運動とは、軽く息切れするくらいの運動。息継ぎができる運動です。対して無酸素運動は息継ぎをしない運動。力むときって息しないですよね。筋トレなどが挙げられます。

入浴

お風呂は体を温めてくれ血液の流れを良くしてくれるだけではなく、リラックス効果もあります。プールや海など浮いてるとリラックスできて気持ちいですよね。あそこまで浮かないですが、ですが体は多少軽くなるので似たような効果が得られます。ふくらはぎとか入浴中のほうが揉みやすいのは浮力によって筋肉も和らいでいるからなんです。温めることで血行も良くなり老廃物も取り除いてくれるので疲れをとるのにも最適!デトックス効果ですね。

食事

寒い時期はないと思うのですが、暑い時期です。問題は、、暑いとどうしても冷たいものが食べたくなりますよね。(冬でもアイスとか食べたくなりますけど、、笑)この冷たい物を食べ過ぎると内側から冷えてしまうので、血行も悪くなりがち。暑い時期は冷房など効かせた場所にいることも多いと多いと思うので、暑い時期は特に体の温まる食べ物を摂りましょう。

筋トレ

ある程度の筋肉は大切です。基礎代謝があがるので、ホルモンの分泌量も増えるし、太りにくい身体にしてくれるんです。筋トレは無酸素運動なのですが、血液を一気に送り込むことで毛細血管を広げてくれます。毛細血管を広げることにより、指先(足や手)にもしっかりと血液を送れるので「末端冷え症」などにも効果的です。

 

「冷えは万病のもと」と言われるくらい身体によくない。冷えにって代謝も下がり、血行不良、血行不良が女性ホルモンをつくる卵巣にまで十分な酸素と栄養を送ることができず、女性ホルモンのバランスが乱れる、心身を正常に保つ流れとして良くないので、一つずつでも改善していきましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です