リップクリームを塗っても縦ジワが消えない、、唇のくすみやなど、

縦ジワやくすみを治す!

唇スキンケア方法の紹介です。

唇はなぜ乾燥するのか?

唇には皮脂腺がなく角層も薄いので刺激を受けやいデリケートな部分。皮脂腺がないということは

肌を守るバリア機能がないってことなんですね。なので唇を乾燥から守るためには人工的にバリア機能を作ってあげなければいけません。

乾燥したときに唇を舐めたりすると、より乾燥を招いて荒れた唇の原因になるのでやらないようにしてくださいね。

口呼吸

これは特に注意です!口で呼吸すると必然的に唇に空気があたるので乾燥しやすくなってしまいます。

思い当たるふしはありませんか?呼吸するときは鼻呼吸してください。よく口をパカーって開けてしまってることがある場合は、気を付けてください。

口を閉じて、鼻呼吸を意識する。

摩擦

摩擦による乾燥。口紅などリップメイクを落とすとき強くこすったりすることで肌に摩擦ダメージを与え乾燥しがちな唇になってしまうので、注意しましょう。

食後などもティッシュでごしごし唇を拭かず、優しく拭き取って。

栄養不足

栄養不足による乾燥。栄養不足によって乾燥もしやすくなってしまうので注意しましょう。

主にビタミンA、ビタミンB2、ナイアシンなど摂取すると効果的ですね。

ナイアシンは青魚に豊富です。(サバやアジ、イワシなど)

唇のスキンケア方法

  1. 保湿力の高いバームを塗る 皮脂腺がない唇の潤いを保つなら油分が多いバームがおすすめ。寝る前に唇全体を覆うようにたっぷり塗ってから。
  2. ラッピングで集中的にケア 時間があるときはバームを塗った後、唇の全体を覆うようにラッピング。ラッピングすることでバームの栄養分と油分の浸透力を高めます。

日中は手軽に塗れるリップクリームを使い唇の乾燥を防ぎましょう。

補足
夏はUV効果のあるもので紫外線の刺激から守ると、なおいいですよ。

荒れて皮が剥けていたり、縦ジワが切れて血がにじんでいたり、これじゃ女性の魅力が半減、、

潤ったぷるぷる唇で、色っぽさを出して相手を魅了しましょう!

 

潤いのある唇はやっぱ嬉しいですが、なにより嫌なのは乾燥して笑った時に縦ジワにそって割れるのが嫌ですよね、、治るまで時間かかるし、、ひどい時はくしゃみして縦に裂けて、くしゃみって不可抗力だから抗えず、またくしゃみして治りかけの割れ目が再発、、

 

しつこいかもしれませんが唇には皮脂腺がないのでバリア機能がありません。乾燥から守るには自分自身の意識が必要です。

唇のターンオーバー

 

通常ターンオーバー(肌細胞の入れ替わり)は28日周期で行われます。これは年齢やホルモンのバランスで前後するのですが、唇はというと、5日~1週間でターンオーバーが行われます。

なので肌のターンオーバーよりも入れ替わりが早いので、乾燥していてもしっかりと保湿しケアを行えば5日~1週間と早い期限で改善できます。ここでしっかりとスキンケアをしていけば、縦ジワやくすみなども改善できますね。

あ、あと縦ジワが気になる場合はシワに沿って塗るようにするといいですよ。

いかがでしたか?

しっかり保湿を行い唇のターンオーバーを正常化させ、くすみや縦ジワのない潤いのある唇を手に入れましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です