目の下の「くま」って老けて見られたり、

疲れて見られたりでいいことないですよね、、

でもちゃんと原因がわかれば目の下の「くま」は解消することができます。

今日は種類別のくまや見分け方とその解消法を紹介します。

目の下のくまは3種類

青くま

寝不足や冷え、血行不良によってたまった静脈血(二酸化炭素を多く含んだ血液)が透けて目の下に青っぽく見えるのが青くま

茶くま

 

摩擦や紫外線などのダメージによって起こる色素沈着によるくすみのあるのが茶くま

 

黒くま 

乾燥や加齢によって真皮からたるんでしまった凸凹によってできる影で黒っぽくみえてしまうのが黒くま

このように「クマ」にも種類があります。

最近はスマやタブレットなどで目を酷使する時間が長くなり、眼精疲労による血行不良がおき、それによる青くまの方が多いみたいです。また目の大きさや形によっては2種類のくまが合わさる複合クマなんて方もいます。

目の下の「クマ」の種類によって対処の仕方が違うので、「くま」がある場合は自分はどのタイプか見極めてスキンケアを。

「くま」によって印象はだいぶ変わってくるのでクマのケアにも力を入れていきましょう。

目の下のクマの種類の見分け方

  • まずは目じりを指で外側に引っ張って、
  • 色が薄くなったら青くま」、「色が変わらなかったら茶くま」、「上を向いて色が薄くなったら黒くま」です。
  • 血行不良が原因の青くまにはマッサージを!滑りのいいアイクリームを塗ったら内側から外に流すように写真のツボを押してください。強くやりすぎないように気を付けてくださいね!目は閉じてマッサージしてください。
  • 色素沈着による茶くまには美白成分入りのアイクリーム。摩擦や紫外線などの外的刺激を抑え、メラニンの排出を促す美白コスメでケア。目の下だけではなく、まぶたなど全体になじませて頑固な色素沈着を改善していきましょう。
  • 乾燥や加齢によるたるみでできた黒くまには、コラーゲンの生成を促す成分でたるみを解消。こちらは刺激が強いので目の下のくまに塗るようにしてください。

 

ちゃんとケアをしてるのに青くまが治らない場合は貧血が原因かもしれません。

(頭痛や冷えなども感じたら)青くまの予防対策としては血液の循環を良くする為に鉄分(赤身肉、魚)やビタミンE(アーモンド)を摂るのがいいです。

食事で意識して栄養を摂るのがなかなか難しかったりしますよね。サプリメントだと安定して摂取できます。

補足
鉄分なのですが、なぜ赤身肉と魚なのか。これはヘム鉄と呼ばれる吸収のいい鉄分なんです。野菜や海藻などに含まれる鉄分は非ヘム鉄と呼ばれ吸収はされるのですが、ヘム鉄の方が何倍も吸収されます。なので鉄分をより多く吸収したい場合はヘム鉄を摂るように心がけてください。
注意
鉄分とビタミンEを摂るときは同時に摂取しないほうがいいです。相性が悪く、鉄分がビタミンEを酸化させてしまってビタミンEの効果をなくしてしまうので、時間を空けてとるようにしてください。朝食時はビタミンE、夕食時は鉄分。といった形がいいと思います。8時間くらい空けて摂るのがベスト。

 

 

 

いかがでしたか?

クマにも種類があって解消方法も違います。

自分はどの「くま」なのか見分けてからのケアが大切です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

※追記

先日クマを解消するのにいいのがないか探していたところ

見つけました。良かったらチェックしてみてくださいね。

女性必見!簡単に目の下の「黒いクマ」が解消できる「アイクリーム」

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です