幸せホルモン(オキシトシン)を分泌させる方法

 

突然ですが、あなたは自分の体や顔をスキンケアすることにどんなメリットがあると思いますか?
一番はそのスキンケアした顔や体の部位がキレイになることですよね?
でもそれだけじゃないんです。

自分の体をスキンケアすることによって先に言ったようにキレイになることで
心の在り方も変わってきます。自信が持てるようになれば、心も豊かになって、幸せを呼び込む力にもなります。

ガシガシ、ゴシゴシとケアをせず、自分の体をいたわりながら優しくケアする。
自分の肌を労り毎日のスキンケアをすればターンオーバー(肌細胞の入れ替わり)も正常になり潤いのある肌を保てますし、シワやたるみなども改善できます。

 

劣等感と言うとなんか聞こえが悪いですね、、、コンプレックスが無くなりますよね?気になる黒ずみだったり、クマやたるみ、、コンプレックスをなくすことにより心にも余裕もでき、幸福感を得られます。
オキシトシンという幸せホルモンが分泌されるって知ってました?

普段自分でマッサージってなると手の届かないところがあったりでできなかったりしますが、エステやマッサージなど、日ごろの疲れが抜けるとホッとし、次の日もルンルンだったりしませんか。
自分へのご褒美をすることでも、気分もすっきりしますよね?
表情も柔らかくなります。

毎日のケアといっても全身やるのは働き者の現代女性にはちょと難しいですけど、今日は顔、明日は腕、といった具合に部位ごとのケアならできるんじゃないでしょうか?

休息することも立派なケアなので(今日はなにもしたくない~。)なんて日もあってもいいと思います。

変わっていく実感を得られれば、それがモチベーションとなり、自身につながり、笑顔をつくる。
ここが気になる、、お願いだから効果でて、、、など、考えてだんまりしながら鏡見て、、とかだともったいないので、笑顔の練習がてら笑顔を作りながらやってみたり、好きな音楽を聴き、鼻歌歌いながらやれば意外とテンション上がって、ここも、こっちも!って勢いついて自然とできますよ。

香りや感触を味わうのもいいですね!スキンケアの時間も楽しんでみましょう。
優しく丁寧に、楽しみもいれつつ習慣化すれば体がキレイになるだけではなく、笑顔や印象も柔らかくなる。

自分に自信が持てることによって前の自分より好きになっているんじゃないでしょうか?
それに、自分のことを好きな人、自信がある人は、男性でも女性でも魅力的じゃないですか?堂々と凛とした立ち振る舞い?とでも言うのか??笑。同性でも妙に見てしまう人っていますよね。

いかがでしたか?

幸せホルモン「オキシトシン」は毎日のスキンケアで分泌させることができます。

スキンケアだけではなく友人とお茶したり、好きな人と触れ合ってみたり、スキンシップをとること。

是非、参考にしてください。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です