便秘と下痢を改善!選ぶサプリメントの栄養素ってなにがいいの?

便秘と下痢って辛いですよね。便秘すると妙な下腹部の痛み、下痢をすればお腹も痛いし、何回もトイレにいって用を足すと黄門様が悲鳴をあげますよね。便秘や下痢の悩みを今日でおさらばしちゃいましょう!便秘や下痢の改善方法について紹介します。

 

便秘の原因って?

便秘の原因は主に食物繊維や生活習慣が関係しています。便秘というのは便の水分が不足して出ない!のが便秘。

便秘になるとお腹が張って痛みなどありますよね。妙に痛いんですよねあれ、、

便秘は便の水分が不足するとなるといいましたが、水分が不足するということは、うんちが硬くなっているんですね。

固くなったうんちが黄門様を傷つけて痔を引き起こす原因になってしまいます。

やたら硬くて、大きめなときありません?完全に今黄門様切れたよね?ってことありませんか?

便秘って不快な思いをするだけじゃなく、腸内に長く留まってしまうと、その便から有害物質がでて肌のトラブルにも繋がってしまいます。

色々な病気の原因にもなってしまうので便秘は早く解消するべきです。

主な原因は不規則な生活。小さい頃や、高校生、大学生?の頃とかは朝起きて、だいたい決まった時間にしたくなりませんでしたか?

大人になるとどうしても生活が不規則になりがち、決まった時間帯に出なくなりますよね。運動不足や体力の低下で腸の運動能力が落ちてしまいます。

他には食物繊維の不足があります。肉!肉!肉!ばっかり食べてませんか?お肉はもちろんおいしいです。

でも野菜不足に注意!肉はやっぱり焼肉屋さん?焼肉屋さんに行くことがあれば、野菜も一緒に!

ほうれん草やモヤシのナムル、かぼちゃ、しし唐辛子、とうもろこし、ニンジン、ナスキャベツ、アスパラ、他、焼肉屋さんで例えてしまいましたが、食物繊維大事です!

あと過度のダイエットも便秘になりやすいので注意です。うんちが溜まらないので、便意が起きず便秘になりやすいです。

便秘の改善・対処はどうするの?

先ほど話した食物繊維を摂る!のと排便のサイクルを整えるのが便秘改善には必須。市販の薬とかありますよね。

便秘にはコーラッ〇♪的なやつ。市販薬に頼ると腸の動きが悪くなって、薬を飲まないと出ない体質になってしまうことがあるので、なるべく使わないように自然に出せるように改善していきましょう。まじでこれはやばい!って時だけ使うようにしたほうがいいです。

生活習慣を見直すのも大切。朝ごはん食べないって場合は、ちょっと早く起きてご飯を食べる。

コーヒー飲む時間を作るなどすると排便も促されます。決まった時間に食事をとることを心がければ排便のサイクルも整ってきます。お腹周りに刺激を与えるようなストレッチなどもいいですよ。腸の動きも促されるのでストレッチや、歩くときもちょっとお腹ひねりながらとか。周りにばれない程度に!

食物繊維も意識してとって、整腸作用がある乳酸菌やオリゴ糖などもいいです。

下痢の原因って?

下痢は水分過多による軟便。でも下痢の時って軟便どころの騒ぎじゃないですよね、、

水ですけど、、みたいな。それも水様便と言われるもので痛みもすごいですよね。下痢の主な原因はウイルスなどの最近などによる急性的な下痢で、ウイルスや細菌などを排出しようとして、あの辛い下痢の症状がおこります。

身体を守らなきゃ!っと頑張ってくれているのはいいのですが、痛いし辛いですよね。

他にも、下痢が結構続くんですけど、、って場合はストレスなどが原因の過敏性大腸炎の可能性。過敏性大腸炎は便秘と下痢を繰り返す場合も。

他には大腸がん。膵臓や肝臓の病気によって続く場合もあるので、下痢が長期間続いてる場合は一度病院で診察してもらいましょう。

下痢の改善・対処はどうするの?

下痢になってなったら脱水症状に注意。お腹痛くて下痢してんのに水?って思うかもしれませんが、水分は小まめにとれば脱水症状も防げます。

仕事中でも、可能であれば早退させてもらいましょう。安静が一番!もし発熱や嘔吐もある場合は食中毒の可能性もあるので即病院に。

さっき食べたやつかな?って思うこともあるかもしれませんが、菌によって潜伏期間が違います。

2日前に食べた物の可能性もあるので、覚えて何を食べたか覚えておくのも大切です。

ロタウイルスやノロウイルスなども回復しても、長いと1ヵ月も菌を排出するのでマスクや、手洗い、うがいなどの予防策が必要です。

(これは私の話なのですが、職場でウイルス性胃腸炎になった人がいて治って出勤していたのですが、約1か月後、次は私でした、、その人からじゃないかもしれませんが!笑)

下痢してる時は、刺激物(辛いやつとか)食物繊維も便をゆるくしてしまうので摂らないほうがいいです。下痢の予防としては、乳酸菌やオリゴ糖と普段から摂って腸内環境を整えておく。

ペクチンとアルギン酸という水溶性食物繊維があるのですが、うんちの硬さを整える作用があるので、下痢や便秘に効果があります。

ただどの成分もですが取り過ぎには注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

下痢や便秘、、、どちらも辛く痛かったりするのは嫌ですよね。

偏った食事はせずに、野菜もきっちり摂れるバランスのいい食事のとり方や、運動不足であるならば、ちょっといつもより歩いてみたり、お腹をひねるストレッチなど取り入れてみてはどうでしょうか?刺激物の取り過ぎも下痢の原因になるので辛い物はなるべく控える。

できることから始めてみては?黄門様にも優しいです。

サプリメントを選ぶ際は、乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維、ペクチン、アルギン酸です。

是非、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です