【相性抜群!】はちみつ入りホットミルクの優れた効果。〇〇〇にも!!

ホットミルクは気持ちを落ち着かせるにはトリプトファンというアミノ酸が含まれているのはご存知ですか?

このトリプトファンは安眠に必要な睡眠ホルモンの分泌に欠かせない成分です。

ホットミルクを飲むとリラックスした気持ちになるのはこのトリプトファンの効果によるもの。

そして、はちみつにもトリプトファンが豊富に含まれています。

 

そのため、ホットミルクにはちみつを加えれば、ダブルのリラックス効果を得ることができ、安眠だけでなく、ストレスの軽減も同時に行えます。

また牛乳には、タンパク質や脂質が多く含まれているので、栄養素は高いけれど太りやすいというデメリットがありますが、

はちみつには脂肪燃焼効果があります。

牛乳にはちみつを入れることによって、牛乳のデメリットを気にすることなく飲むことができます。

トマトとはちみつの組み合わせで発揮される抗酸化効果

はちみつと相性が良いのはホットミルクだけではありません。

あまり広くは知られていませんが、トマトもはちみつとの相性が抜群に良く、健康な体作りに嬉しい効果を得ることができます。

 

トマトにはリコピンという抗酸化作用を持った成分が含まれています。このリコピンは老化を促進させる原因と言われる活性酸素から細胞を守るという効果があります。

 

抗酸化作用を持つ成分といえばビタミンEが有名ですが、リコピンはそのビタミンEのなんと100倍もの抗酸化作用を持っています!

健康に害を及ぼすコレステロールを下げたり、血液をさらさらにしたり、血糖値を下げたりとその効果は嬉しいものばかり!

はちみつにもこうした抗酸化作用があるので、トマトにはちみつをかけ一緒に食べるだけで、若々しく健康な体作りを行えます。

トマトとはちみつ?とその組み合わせに疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

トマトの酸味とはちみつの甘さは喧嘩し合うことなく上手くマッチするので、まるでデザートのように美味しく食べることができます。

肉にはちみつを塗るだけで得られる嬉しい効果

はちみつは肉と合わせても優れた効果を発揮します。

ただ肉にはちみつを塗って焼くだけでも、肉に含まれるアミノ酸とハチミツに含まれるブドウ糖と果糖が反応し、肉の旨みをぐっと引き出してくれます。

 

しかも、ブドウ糖と果糖は浸透性が高いので、さっと肉にはちみつを塗るだけでぐんぐん肉の中に浸透し、

肉の旨みを肉全体から引き出すことができます。

 

そして、はちみつのブドウ糖や果糖が熱でカラメル状となることにより、肉の旨みを外に出してしまうことなく、しっかりと閉じ込めることができます。

肉にはちみつを塗るか塗らないかでは味に歴然とした差がでます。

スーパーで特売されている肉でも、はちみつを塗るだけで深い旨みを持つ高級肉のような味に変化しますよ。

はちみつには鶏胸肉を柔らかくする効果もある

鶏胸肉は安い価格で買うことができながらも、高タンパク、低カロリーと食べても太りにくいという特徴を持っています。

しかし、脂肪分が少ない分パサパサと乾燥してしまったり、硬くなってしまったりします。

そうした食べ方や食べるタイミングに一工夫が必要な鶏胸肉ですが、実は簡単に柔らかい状態で維持する方法があります。

それははちみつに漬けるという方法。

 

はちみつにはプロテアーゼというタンパク質分解酵素が含まれています
肉の表面にフォークなどで軽く穴を開け、

はちみつに漬け込んでおくだけで鶏胸肉がびっくりするほど柔らかくなります。

 

そして、はちみつには肉の臭みを抑える効果もあるので、鶏胸肉をより美味しい肉へと変えることができます。

鶏むね肉だけではなくハチミツは肉を柔らかくする効果があるので、牛肉や豚肉にもOKです。

まとめ

はちみつは他の食材と組み合わせることでより優れた効果を発揮します。

はちみつは砂糖とは違い、カロリーが低く、甘さを引き出すブドウ糖もすぐにエネルギーに変わるので、太りにくいという特徴があります

そのため、他の食材と組み合わせることで、同時にダイエット効果も得ることができます。

そして、肉の旨みを引き出したり、柔らかくしたりと食材を美味しく変えるという効果も持っています。

ぜひ参考にしてみてくださね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です